ホーム  >  売却専用ページ  >  なぜ“仲介”なのか?  >  全体の流れ Step4  >  媒介契約の種類


 媒介契約の種類

☆ 媒介契約とは? 
 売主様と不動産会社との間で取り交わす契約で、どういった条件で売却活動を行うかを取り決めるものです。媒介契約には、一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3種類があります。
一般媒介契約専任媒介契約専属専任媒介契約
複数の不動産会社との契約は可能か?××
売主様が直接、買主様に販売可能か?×
レインズへの登録義務の有無


(契約から7日以内)

(契約から5日以内)
活動状況の報告義務(および頻度)


(2週間に1回以上)

(1週間に1回以上)
契約期間規定なし3ヵ月以内3ヵ月以内
一般媒介契約○ 複数の不動産会社と同時に契約が可能です。そのため、様々な不動産会社からの意見や方針を比較、
 参考にすることができます。ご自身でじっくり売却方針を定めたい、という方に適しています。
● 複数の不動産会社と契約する場合では、それぞれの会社と個別にやり取りする必要があるので、
 何かを通知する際には、契約会社の数だけ連絡を取らなければなりません。
 内見希望や打ち合わせなどの、スケジュール調整に労力を割く必要も出てきます。
※ 「明示型」と「非明示型」の2パターンがあります。

 一般媒介には2つのパターンがあり、売主様はどちらかを選択することができます。
・ 明示型 ‥‥ 現在契約している不動産会社以外と契約した場合、そのことを通知する必要があります。
・ 非明示型 ‥‥ 他社と契約しても通知する必要はありません。
 明示型では不動産会社同士の競争が起こりやすくなり、早期売却の可能性も高まります。特別な理由がなければ、明示型を選ばれるのが一般的です。

専任媒介契約○ 1社の不動産業者にのみ、売却依頼をする契約です。この契約を結ぶと、依頼を受けた不動産業者は
 売買を行う相手を積極的に探す努力と、その業務処理状況を報告する義務があります。
○ また、指定流通機構(レインズ)への登録、新聞折り込み広告等の媒体への優先的な掲載など、
 売主様に有利な売却活動を受けることが出来ます。
○ 売主様が、自分で見つけた買主様(あるいは親族など)と直接、売買契約を結ぶ「自己発見取引」を
 行うことも可能です。
専属専任媒介契約○ 1社の不動産業者にのみ、売却依頼をする契約です。専任媒介と同様に、依頼を受けた不動産業者には
 レインズへの登録義務や、販売活動およびその業務処理状況を報告する義務があります。
● 専任媒介と異なり、「自己発見取引」が出来ません。専属では、売主様が買い手を見つけた場合でも、
 不動産会社の仲介のもとに売買を行うことになります。
● 売主様と買主様の両方から仲介手数料を得ることを目的として、自社の顧客以外には物件の情報を公開
 しなかったり、他社からの問い合わせを取り次がないなど、「囲い込み」と呼ばれる独占行為を行う
 不動産会社も存在します。


ページの上部へ