ホーム  >  不動産査定のケース別 注意点【転勤編】

不動産査定のケース別 注意点【転勤編】





このページでは、転勤によって現在の住居を売却し家族全員で新居に移る場合、どのような事に注意するべきなのか?
また査定依頼を行うのに適したタイミングとは?
という点に関してご説明してまいります。



まず転勤によって持ち家を売却する場合、売却するのは「転勤前」なのか「転勤後」なのかを決める必要があります。
売却のタイミングは新居での生活にも大きく影響を及ぼしますので、ご自身の状況に合った売却プランを考えていきましょう。



・転勤前に売却する場合

転勤前に売却する場合の最大のメリットは、住宅ローンを完済して新居での生活を迎えられる、という点です。
既に住宅ローンを払い終わっている場合は、売却代金がそのまま収入となりますので、新生活の費用に充てることも出来ますし、引っ越し先での新居の購入も検討出来ます。

ただし、住宅ローンの残債が売却代金を上回ってしまう場合には、差額を自己資金で埋め合わせしなくてはなりません。
自己資金による埋め合わせが難しい場合には、住宅ローン残債以上の価格での売却が必須となります。

転勤というタイムリミットが設定されている以上、売却に時間をかける事が出来ないという面もあります。
期限内に買い手が現れない場合には、不動産会社による買取も考慮に入れる必要が出てきますが、こちらは仲介による売却の70%ほどの価格となってしまいます。
この場合も住宅ローンを支払いきれるかが大きなポイントになってきます。

ですが、買取には現金化が早いという特徴がありますので、住宅ローンの心配がない場合には買取で素早く現金化する事で、その後の生活設計が立てやすくなるというメリットも存在します。

このように、転勤前の売却において重要なのは売却までのスピードです。
ただでさえ転勤に向けて忙しい中、不動産会社とのやり取りや内覧希望者への対応に駆られることになるので、心身にかかる負担は大きいかもしれません。



・転勤後に売却する場合

転勤後に売却する場合には、住宅ローンを完済していれば問題はありませんが、そうでない場合、住宅ローンと新居の家賃の二重支払いとなる点について考える必要があります。
住宅ローンの支払いを続けながらの生活が可能かどうか、事前にしっかり検討しましょう。
 
また、引っ越し後の売却活動に関して、現地の正確な状況把握が難しいというデメリットもあります。
状況を確認出来ないのをいい事に放置されてしまっていた、などということが起こらないよう、売却を依頼する不動産会社を慎重に選び、事前にしっかり打ち合わせをすることで、売却方針を共有しておくことが重要です。

売却活動に関するメリットとしては、転勤前の売却と異なりタイムリミットがありませんので、ゆっくり売却プランを練ることが出来る、という点が挙げられます。
売却に期限がある場合、希望通りの値段で買い手が現れないと値下げも考えなくてはなりませんが、転勤後の売却であれば余裕を持って売却活動を行うことが出来ます。

ただでさえ引っ越しで生活環境が変わるというストレスの中、時間に追われながらの売却活動は精神的にも負担となってしまいます。
住宅ローンが支払い済み、もしくは住宅ローンと新居の家賃の二重支払いが可能な方、時間がかかっても希望価格で売却したい、という方には転勤後の売却をお勧めします。



・売却に向けた査定タイミングとは?

一般的に不動産を売却する際、不動産会社は三ヶ月以内に売却可能と思われる価格を提示します。
三ヶ月が売却にかかる平均的な期間と考えられているわけです。

ですがもちろん、地域や時期によって状況は異なりますし、トントン拍子に話が進んで一ヶ月で売却出来ることもあれば、逆に半年以上かかる事も少なくありません。

転勤による売却となれば引っ越しなどで忙しい中、合間を縫って内覧への対応なども行わなければなりませんので、スムーズにいかない場面も多いはずです。
売却活動に専念出来る方と比べて時間がかかってしまうと考えれば、三ヶ月から半年ほど、あるいはそれ以上の期間を要する事も多いでしょう。

転勤の準備期間内に売却は可能なのか、転勤後も住宅ローンの支払いが続けられるのか、そういった様々な要素を考慮して売却を進めなければなりません。
ですので、査定するべきタイミングとしては早ければ早いほど良い。
と言えるでしょう。








ページトップへ