ホーム  >  不動産査定のケース別 注意点【ローン滞納編】

不動産査定のケース別 注意点【ローン滞納編】









このページでは、住宅ローンの滞納によって現在の住居を売却しなければならなくなった場合、どのような事に注意するべきなのか?
また査定依頼を行うのに適したタイミングとは?
という点に関してご説明してまいります。



・住宅ローンを滞納し続けるとどうなってしまうのか?

住宅ローンを数ヶ月に渡って滞納してしまうと、段階に応じて金融機関や保証会社から支払い請求や督促状が届くことになり、そのまま滞納を解消出来ずにいると、最終的には家を差し押さえられ競売にかけられてしまいます。
競売による不動産の売却価格は市場の相場価格を大きく下回りますので、家を失ってなお、住宅ローンを返済しきれない事も少なくありません。

そういった事態を避ける為には住宅ローンの支払いが難しいと判明した時点で、金融機関への相談や任意売却を申し出ることが重要となります。
金融機関によって対応は変わってきますが、ローン期間の延長や月々の返済額を変更し、新たな返済計画を組むことも出来るようになります。

競売で売却されてしまうと強制的に立ち退きを迫られ、売却代金はローンの返済に充てられますので、引っ越しなどの新居の準備費用も受け取れない事が殆どです。
また、競売にかけられた物件はインターネットや新聞に写真が掲載され、裁判所の調査員が出入りしたり、業者が近隣を調査したりする事になります。
家が競売にかけられていることは知れ渡ってしまうので、精神的な負担も非常に大きいと言えるでしょう。

任意売却であれば、相場に近い価格での売却が可能ですので、ローンの完済や引っ越し費用の捻出も検討することが出来ますし、近隣の方に売却活動を知られてしまうこともありません。



・売却に向けた査定タイミングとは?

競売の開始が決定してしまっても、任意売却を申し出ること自体は可能です。
ですが、すぐに買い手が現れるとは限りませんし、買い手が現れたとしても、不動産売買の手続きには1ヶ月前後の期間を要しますので、手続きの途中で入札となってしまうリスクも考えられます。

ですので、競売を避けるためのご相談は早ければ早いほど良いです。
住宅ローンの支払いが難しいかもしれないと感じたら、すぐに金融機関や不動産会社へご相談ください。
早い段階でご相談いただく事で、任意売却以外にも、リースバックといった選択肢も視野に入れることが可能となります。
※リースバックについてのご案内はこちらからどうぞ!











ページトップへ