ホーム  >  住宅を購入する前に:団体信用生命保険編

住宅を購入する前に「団体信用生命保険編」


こちらのページでは住宅購入前に気をつけるべき事を、
様々な観点から対話形式でご説明いたします。


前ページ:住宅を購入する前に「事前審査3つのメリット編」


団体信用生命保険について




お客様は団体信用生命保険ってご存知ですか?





知らないです。




団体信用生命保険とは、住宅ローン専用の生命保険のことです。
住宅を購入するときに住宅ローンを組むと思いますが、
住宅ローンの借り入れに団信の加入を条件としていることがほとんどです。
団信に加入していれば、住宅ローンの債務者が死亡したときや高度障害状態になったときでも、
住宅ローンの残金の分の保険金が金融機関に支払われ、住宅ローンを清算することができます。




そうなんですね。




団体信用生命保険は、持ち家最大のメリットだと言えます。
不謹慎な話ですが、仮にもしものことが起きた場合、収入がなくなり、生活の事がとても不安ですよね?




そうですね。




住宅を購入して、団体信用生命保険に加入していれば、
住宅ローンの残債が完済されますので、一番不安である住居に対する不安がなくなります。
もし賃貸にお住まいだった場合を考えると、とても不安ですね。
そういった意味で、団体信用生命保険は、持ち家(住宅購入)最大のメリットです。
持ち家はやはり安心感が違います。




そうですね。
賃貸に比べると、かなり安心感があります。






ページ:住宅を購入する前に「毎月の保険料の見直し編」



 

 

ページトップへ