ホーム  >  売却方法

それぞれ違うメリットとデメリット!
不動産の売却方法!

不動産の売却方法には大きく分けて3つの方法があります。
売却の目的や状況によって、どの方法が適しているかは変わってきますので、
ここではそれぞれのメリットとデメリットをご説明いたします。



1.仲介による売却
「仲介による売却」とは不動産会社と契約を結び、不動産会社が宣伝や交渉を行うものです。
3つの中では最もポピュラーな方法です。


「仲介による売却」のメリット!

売却時の手続きや書類の作成などを不動産会社が行いますので、買主様が決まればスムーズに話が進みます。
また、売却価格も売主様が決定できますので、希望額で売却できる可能性が高くなります。


「仲介による売却」のデメリット!

不動産会社に仲介手数料を支払う必要があります。
不動産会社によって仲介手数料の額は異なりますので、事前に確認が必要でしょう。
また、買主様が現れないと売却できませんので、場合によっては時間がかかることがあります。


まとめ

時間的な余裕が有り、スピードよりも価格を優先したい方
買主様の内見希望やリフォームに対応可能な方
近隣住民に売却を知られても問題ない方
このような方には「仲介による売却」がおすすめです。



2.買取による売却

「買取による売却」とは不動産会社が直接物件を買い取るというものです。


「買取による売却」のメリット!

買主様を見つける必要が無いため、スムーズな取引が可能で素早い現金化が可能です。
また仲介手数料も必要なく、契約不適合責任※が免除されますので心理的な負担が少ないです。

※雨漏りやシロアリなど目に見えない欠陥、外部からの発見が難しい不具合があった場合、
売主様がその欠陥に対して責任を持たなければならない、というものです。


「買取による売却」のデメリット!

「仲介による売却」と比べると買取価格が7割程度に下がってしまいます。
また、損傷など物件の状況によっては、さらに価格が下落してしまうリスクがあります。


まとめ

売却価格よりもスピードを優先したい方
内見希望への対応やリフォームを行う余裕がなく、契約不適合責任を免除希望の方
近隣住民に売却を知られたくない方
このような方には「買取による売却」がおすすめです。



3.任意売却

「任意売却」とは住宅ローンの支払いが困難となり、競売によって住宅を差し押さえられるのを避けるために、
債務者(物件所有者)が債権者(金融機関)に売却を申し出るというものです。


「任意売却」のメリット!

通常、競売による取引では相場を大幅に下回る価格で落札されてしまうことがほとんどですが、
任意売却では相場に近い価格での売却ができる可能性があります。
また、競売とは異なり立ち退きを迫られたり、自宅調査を行われることもないので、
近隣住民に売却を知られる可能性も少ないです。


「任意売却」のデメリット!

住宅ローンの一定期間滞納により信用情報機関に登録されてしまいます。
信用情報機関への登録により、数年間ローンを組むことが出来なくなります。
任意売却を行っても買主様が見つからなかった場合、競売になってしまうというリスクも存在します。


まとめ

競売とは異なり相場価格での売却を期待できるものの、売却できなかった場合は競売にかけられてしまいます。
また、競売が開始してしまうと任意売却は行えません。
住宅ローンの支払いが困難となった場合、すぐにご相談いただくことが大切です。



不動産売却はそれぞれ異なる状況の中で、適切な売却方法を選択することが重要となります。
当社では担当者が一件一件マンツーマン体制で、お客様のご要望に沿った売却プランをご提案いたしております。







ページトップへ