ホーム  >  住宅を売却する前に:購入申し込みがあった時のポイント編

住宅を売却する前に「購入申し込みがあった時のポイント編」


こちらのページでは住宅購入前に気をつけるべき事を、
様々な観点から対話形式でご説明いたします。


前ページ:住宅を売却する前に「案内希望者様への対応編」


購入申し込みがあった時のポイントについて



買付のお申込が入りました際のポイントを3点ご説明いたします。

1点目が買付後から早めにご判断をして頂くことです。
論お客様も色々なお考えがあるかと存じますが、買主様も色々な経緯があり、お家さがしをされています。
例えば、「息子
が来年の春に小学校に入学するのでそれまでに購入したい」等々。
そのような状況下で、買付から期間が空いてしまいます
と、
買主様も不安な気持ちが増幅して別の物件探しを始めてしまいます。

最悪の場合、買主様が別の物件で契約をしてしまい、折角の売却のチャンスをみすみす逃してしまうことになります。




それは勿体無いですね。



そうですよね。
できるだけ早いタイミングでのご判断をオススメいたします。

2点目に、最も売却しやすい時期が、販売活動ス
タート時期です。
買主様からすると、販売活動スタートは新規物件を意味しており、一番注目するタイミングだからです。
購入希望者が数多く集まります。

お客様も早期にご売却されたいですよね?




そうですね。
それは勿論。




そうですよね。
多少、交渉条件が入ることもございますが、このタイミングでご検討頂くことをオススメいたします。
勿論、その際
は売り主様の立場になりまして、私どももご相談に乗らせて頂きます。




はい。
よろしくおねがいします。



最後に、交渉ごとは我々にお任せ下さい。
非常に温度の高いお客様でも、交渉(価格面、引渡し時期)が入ってくること
もしばしばです。
またその際は、我々が売主様と買主様の間に立ち、入ってきた交渉内容について取りまとめさせて頂きます。








 

ページトップへ