ホーム  >  住宅ローン比較:足利銀行編

住宅ローン疾病保障比較「足利銀行編」


こちらのページでは住宅ローンの疾病保障に関する、
各金融機関ごとの保障内容の違いについてご説明いたします。


前ページ:住宅ローン疾病保障比較「群馬銀行編」


足利銀行の疾病保障に関わる住宅ローンプランの内容を表にまとめましたので、
まずはこちらをご覧ください。





足利銀行は金利上乗せなしの通常プランも保障が豊富な点が特徴です。
保障充実プランのほか、女性専用プランやご夫婦向けのプランも用意されています。


それでは各プランの内容を1つずつ詳細に見比べていきましょう。


【8つの疾病保障付住宅ローン・金利そのまま通常プラン】

・死亡・高度障害状態に該当した場合、住宅ローン残高0円。

・ガンと診断され、所定の事由に該当した場合、住宅ローン残高0円。

・脳卒中・急性心筋梗塞により、所定の状態が60日以上継続した場合、住宅ローン残高0円。

・脳卒中・急性心筋梗塞により、所定の就業不能状態が継続した場合、
毎月のローン返済額を最長2ヶ月補償。


・5つの重度慢性疾患(高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎)により、
所定の就業不能状態が継続した場合、毎月のローン返済額を最長12ヶ月補償。

・5つの重度慢性疾患(高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎)により、
所定の就業不能状態が12ヶ月間継続した場合、住宅ローン残高0円。


死亡・高度障害状態、3大疾病に加え、5つの重度慢性疾患も保障の対象となっています。
後にご紹介する保障充実プランとは、女性特有のガン・脳卒中・急性心筋梗塞への保障内容に差がありますが、
金利上乗せなしのプランでこれだけ充実した保障が受けられるのは、心強いと言えるでしょう。


【8つの疾病保障付住宅ローン・保障充実プラン】

・死亡・高度障害状態に該当した場合、住宅ローン残高0円。

・3大疾病(ガン・脳卒中・急性心筋梗塞)と診断され、
所定の事由に該当した場合、住宅ローン残高0円。

・脳卒中・急性心筋梗塞により、所定の就業不能状態が継続した場合、
毎月のローン返済額を最長2ヶ月補償。

・5つの重度慢性疾患(高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎)により、
所定の就業不能状態が継続した場合、毎月のローン返済額を最長12ヶ月補償。

・5つの重度慢性疾患(高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎)により、
所定の就業不能状態が12ヶ月間継続した場合、住宅ローン残高0円。

・住宅ローンご契約者の配偶者が、女性特有のガンと診断されたら、
ガン一時金として100万円補償。


上記の金利そのまま通常プランの保障内容を一層充実させたプランです。
両プランの違いとしては、女性特有のガンに対して100万円の一時金が支払われるほか、
脳卒中・急性心筋梗塞で60日以上所定の状態が継続した場合、通常プランでは1/2だったローン残高も0円となります。
上乗せ金利も年0.1%と比較的少ない負担に設定されている点も魅力です。


【働く女性のための住宅ローン「暮らし上手」】

・死亡・高度障害状態に該当した場合、住宅ローン残高0円。

・3大疾病(ガン・脳卒中・急性心筋梗塞)と診断され、
所定の事由に該当した場合、住宅ローン残高0円。

・脳卒中・急性心筋梗塞により、所定の就業不能状態が継続した場合、
毎月のローン返済額を最長2ヶ月補償。

・病気やけがにより入院した場合、一回の入院に対し一時金10万円補償

・一部繰越返済手数料無料。

産休・育児休暇期間中、最大2年間元金据置。


3大疾病保障、病気や怪我による入院保障に加えて、
産休・育児休暇への支援として、対象期間中は最大2年間元金が据え置きになります。
金利の上乗せも無いので、安心の女性専用プランです。


【夫婦共働き専用、連生がん保障付住宅ローン】

・死亡・高度障害状態に該当した場合、住宅ローン残高0円。

・ガンと診断され、所定の事由に該当した場合、住宅ローン残高0円。

・脳卒中・急性心筋梗塞により、所定の状態が60日以上継続した場合、住宅ローン残高1/2。

・5つの重度慢性疾患(高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎)により、
所定の就業不能状態が継続した場合、毎月のローン返済額を最長12ヶ月補償。

・5つの重度慢性疾患(高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎)により、
所定の就業不能状態が12ヶ月間継続した場合、住宅ローン残高0円。


通常の連帯債務では、連帯債務者にもしものことがあった場合、住宅ローンがそのまま残ってしまいますが、
こちらのプランでは、夫婦のどちらかにもしものことがあった場合、住宅ローン残高が0円になります。


足利銀行の住宅ローンは疾病保障内容が充実しており、上乗せ金利の負担も少ないのが特徴です。
女性専用プランや共働き夫婦専用プランなど、さまざまなニーズに対応したラインナップになっています。


次ページ:住宅ローン疾病保障比較「東和銀行編」





ページトップへ