ホーム  >  売却のポイント

失敗しない為の!
不動産売却のポイント!

不動産の売却は普段の生活の中では、馴染みの薄い出来事ですし、
人生のうちにそう何度もあることではありません。
ですので、いざ不動産を売却しようと思っても

「何に気を付ければいいのかわからない」

という方がほとんどだと思います。

不動産売却の大まかな流れについては「こちら」のページで解説しておりますので、
ここではより細かな気を付けるべきポイントを、いくつかピックアップしてご説明いたします。



1.相場を把握する

せっかく売るなら少しでも高く売りたい、とお考えになるのは当然のことです。
ですが、市場の相場価格を把握し照らし合わせることもまた大切です。
迅速な売却をお考えの場合は特に、不動産の市場価値を正しく認識することが、
スピーディーな結果に繋がることが多いです。
また、不動産会社によっては相場をはるかに上回る査定額を提示し、契約を結んだ後に値下げを要求する。
というケースも存在します。
そのような事態を避けるためにも、正しく相場価格を把握し、あまりにも相場とかけ離れた額を提示された時には、
一度立ち止まって、冷静に判断できる余裕を持つことが大切です。



2.室内の整理整頓

お部屋の第一印象は非常に大事です。

整理整頓されていると、お部屋を広く感じるなど印象が違います。
生活しているとなかなか気付き難いですが、他人の生活臭やペットの臭いなどは気になるものです。
清掃と併せて消臭にも気をつけましょう。
また、お部屋が明るいと印象が良くなります。
お部屋の電気は点けておきましょう。
※土日祝日に見学日を指定される買主様が多いです。
無理に合わせる必要はありませんが、急な内見希望が入る可能性もありますので、気を配っておきましょう。



3.不動産会社選び

冒頭でもお話しした通り、多くの方にとって不動産売却は馴染みの薄い出来事です。
不動産や法律に関する様々な専門知識が必要になりますし、細かな判断をするのは難しいかもしれません。
そういった経緯から、不動産会社に勧められるままの契約を結んで、お客様の本意ではない形で話が進んでしまう、
というケースも少なくないようです。
残念ながら、そのような自社の利益優先の不動産会社が存在することも事実です。
ですので、わからない事や不安な事を、しっかりわかりやすい言葉で説明してくれる不動産会社を選ぶことが大切です。
専門用語で煙に巻いたり、不十分な説明で契約を必要以上に急かすような会社には気をつけましょう。




4.契約内容を確認する

不動産売買は大きな金額が動く取引ですので、売買契約書を作成し内容を確認したうえで契約を結ぶのが一般的です。
ですが、世の中に同じ不動産が存在しないように、契約書の内容も状況によって千差万別です。
しっかり内容を確認しないまま契約してしまうと、実は不利な条件で契約してしまっていた!
なんていう事にもなりかねません。
基本的に契約成立後の内容変更やキャンセルなどは出来ませんので、契約内容はしっかり確認しましょう。
また、売買成立後も売却の証明として必要になることがありますので、契約書は大切に保管しておきましょう。




さいごに

実際に不動産の売却を進めていくと、細かい部分で不安や疑問が出てくると思います。
当社ではそういったお悩み相談も無料で承っております。
失敗しない不動産売却のために、わからない事などがございましたらお気軽にご相談ください。






ページトップへ